Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

PIC 久しぶり


ちょっとやって、まだ物にならないうちに飽きる。
しばらくして、唐突に、またやり始める。
が、長続きはしない。

で、一年半以上のブランクを経て、またPICだ。

やるたびに環境が変わるのも身につかない原因だが。

前回まではmikroBasicというのを使ってた気がするが、今回のソフトな環境は以下のとおり
Windows 7 Pro 64BIT
MPLAB X IDE v1.95
MPLAB XC8 C Compiler v1.21
PICKit 3 Programmer 3.10.00
IDEとCompilerはhttp://www.microchip.com/pagehandler/en-us/family/mplabx/へ行って、下の方のDownloadタブからいただいてきてインストールした。
PICKit 3 Programmerはhttp://ww1.microchip.com/downloads/en/DeviceDoc/PICkit3%20Programmer%20Application%20v3.10.zipからもらって来た。

ハードな環境は以下のとおり
PICKit 3
PIC16F84A
10MHz セラロック
150Ω抵抗 x 7
10kΩ抵抗 x 1
LED x 7
ブレッドボードと配線材と電源
以上はすべて過去の遺産だ。
一応回路図を。
mplabx_new0_c

例によって必要最低限の環境がどれなのかもよくわからない。
本来PICKit 3 Programmerは必要ないはずだが、MPLAB XでPICへの書き込み時にPICKit 3との接続にエラーが出たので、原因を突き止めもせず、PICKit 3 Programmerを使った(後にmicrochipのForumで対処方法を見つけたのでこちらで解決)。

何をやったかというと、PICにLEDをつないでピカピカさせたというだけだ。
経過は以下のとおり。
mplabx_new0_01

mplabx_new0_02

mplabx_new0_03

mplabx_new0_04

mplabx_new0_05

mplabx_new0_06

mplabx_new0_07

mplabx_new0_08

mplabx_new0_09

mplabx_new0_10

下のようなコードを書き込んでBuildする。
何だか赤いびっくりマークがついているが、エラーなしにBuild出来てしまったので、放置してある。
mplabx_new0_11

mplabx_new0_12

さて、ここからが問題なのだが、PICをつないでプログラムしようとすると、
mplabx_new0_13

Connection Failedとなる。
いろいろやったが原因がわからなかった(後にmicrochipのForumで対処方法を見つけたのでこちらで解決)。
mplabx_new0_14

そこで、あっさりあきらめて、PICKit 3 Programmerをインストールして使ってみたら、何の問題もなく認識し、コンパイル済のHexファイルを読み込んで、
mplabx_new0_15

mplabx_new0_16

無事に書き込めてしまった。
mplabx_new0_17

PICKit 3 から取り外して、ブレッドボート上の回路で実行させたのが、冒頭の動画だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: MPLAB X, PIC16F84A


One comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.