Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

ESP8266 + BME280 観測値にESP8266のADCによる電圧変化も加えてロギングする。

AD変換の値をThingSpeakに送るとかはすでにやっている。
ESP8266モジュール(ESP-WROOM-02)を試す その42 – AD変換の値をThingSpeakへ送ってみた。 –
AD変換の値は観測データというわけではなく、電池駆動時の電池の状態のチェックに使う。
依然としてちゃんと調べてみたわけでもないが、ESP8266のADCは1Vまでしか計測できないようなので、単純に電源を分圧して1Vにし、そのAD変換値を観測データと一緒にサーバーに送ることにする。
18650の初期電圧が4Vと仮定すると、4分の1の1Vに分圧して、AD変換の値が1024になるようにして使い始める。
電圧が3Vになったら電池を交換するとして、AD変換値が768になったらそろそろ交換ということだ。

もうずっと使っているHighchartsのグラフを変更して4つ目の項目もグラフ表示するように直した。

だいぶ経っているので、どこから持ってきたのか、どこを書き換えればいいのか、良く分からなくなっていた。
少し覚書きしておく。
データが1項目増えるのでそのために1つ追加する。

ここまでは問題無かったが、実際にグラフ出力する部分で少し迷ったので、書式を直して全部詰めて書き直してから追加した。

そのまま放置して、電池が切れるまで観測し続けた。

17:15に開始して、

翌13:10が最後の測定だった。

AD変換の値が768を下回ったのは12:36だった、

ので、ざっと19時間動かせたことになる。
測定間隔は約1分、Sleepなどの節電措置は全く取らず、逆に測定の合間には1秒間隔で30msのLEDのフラッシュを行っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: ESP8266, Orange Pi PC2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.