Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

プリント基板をJLCPCBに発注してみた。

JLCPCBはプリント基板屋さんだ。
KiCADで作った基板のデータをガーバー・ファイルで送ると基板を作ってくれる。
2層、10×10cmまで、10枚で送料込み$2だそうだ。
嘘のように安いので試してみた。
後で分かったことだが、$2は初回限定お試しサービス価格のようなものらしく、2つ目はどうやっても送料がかかる。

早い便だと$15.27、遅い便でも$7.05で15-20日かかるんだって。
せいぜい2枚もあれば足りる基板を、1023円($9.05の113円換算)で2~3週間後に受け取る。
あるいは、3~4日で届くにしても1952円ってんじゃあ2度目は利用しないな。

ともかく、今回発注した分は$2ぽっきりで注文後6日で届いた。

シルク印刷がおかしなまま出稿してしまったことには、出向してすぐに気づいた。

自分でやってるとシルク印刷まで手が回らないので、いままでシルク印刷のことなど考えたことも無かったためだ。
何も気にせずエイヤーで出向してしまった。
それよりもっと困ったのは、スルーホールのドリル径を0.4mmのまま出稿してしまったことだ。

これは、届いたものを見るまで気づかなかった。
エッチング後に自分で穴あけする場合は、エッチングの穴はポンチの代わりになので0.4mmくらいがちょうどよい。
なので、最終的にどんな径の穴になる場合でもすべて0.4mmの設定にしてあった。
シルク印刷は見た目だけの事なのでいいのだが、スルー・ホールの穴径は小さきゃパーツの足が入らない。
入らないからと広げたらスルー・ホールでなくなってレイヤー間の導通が保てない所が出てきてしまう。
つまり、これは致命的なミスだ。
結局、下の写真のように少しずらしたところにドリルで穴をあけた。

そちらにパーツの足を通して、ハンダ・ブリッジの要領でスルー・ホールとつなぐことにした。
それでも、一からエッチングすることを思えば楽だ。
そして、何の問題も無く正常に稼働している。

ちなみに、10枚注文して12枚入っていた。
2枚使って後はゴミになるとしても、一枚当たり113円という安さ。

もっとも、最初に書いた通り、その破格値は最初だけのようだ。
次もし外注するとしたらALLPCBが最有力だ。
10枚で送料込み$5で、初回限定かどうかはまだ確かめていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: プリント基板自作


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.