Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

OPiとWeb Camを仮ケースにマウントしてみた。

前の記事(「eBayで買ったWebカメラを分解してみたらコンパクトになった。」)でWebカメラがそこそこコンパクトだったので、実際にOrange Piと一緒にしたらどんな感じかと思って仮のケースを作ってみた。

枠を作ってネジ穴をBooleanで抜くというのが私の方法なので、大切なのはケースそのものよりもネジ穴の位置だ。

ケースという名の「型」を作ってそこに基板をはめ込むというコンセプトの物も見かける。
私には、ただの「窒息ケース」にしか見えない。
ネジ穴できっちり位置決めしたら、あとは窒息しないようにゆったりとまわりを囲うだけ、というのが私のコンセプトだ。

そうは言っても、当然穴だけでは存在し得ないので、枠も一応作って中に納める基板の配置のテストをする。

納まり具合はなかなか良い。
ファンが無ければもっとコンパクトになるのだが、カメラの基板の上のICが結構発熱するという思わぬ事実が判明して痛しかゆしだ。

追記
Webカメラの基板のネジ穴は、上下が無い半円なので取り付けが不安定だった。
下のように取り付け方法を変更した。

OPiとWeb Camを本ケースに仮マウントして様子をみた。」へ続く。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: Orange Pi PC2, 作った物


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.