Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

ノズルを締めつけ過ぎてねじ切ってジタバタ。

TEVO Tarantulaでノズルを0.2mm径の物に交換しようとした。

バカみたいに締めるからこうなる。
ていうか、「みたい」じゃなくてバカだ。

で、バカな上に、想定外の出来事に対処する能力に欠けるので、その後ジタバタする。
せめて覚書きくらいはしておく。
取るべき方法はいくつかあった。


1.まさにこういう場合に使う道具が存在する。
 私は知らなかった。
 入り込んでしまったネジを取り出すためのものだ。

 その名も「スクリューエキストラクター」だそうだ。
 逆ねじが切ってあるタップのようなものだ。
 ねじ込んでいけば埋没したネジが取れるという仕組みらしい。
 なるほどね、理屈の上では使えそうだ。
 後で冷静に考えれば、これを試してみるのが良かったと思う。
 この工具は他の場面でも使えそうだ。
 そういう意味では余分な出費が一番少ない。
 うまく機能すれば注文後2~3日で事が解決する。


2.こんなのを注文する。

 これも時間的には2~3日で解決するが、いくつか問題はある。
 こんな物が5つも必要か?
 サイズや精度はどんなもんだ?
 見た目は同じだけど、そもそもこれは元のパーツの代替となるのか?


3.出来合いのパーツをごっそり一式購入する。
 ヒートシンクもファンもついてるやつのことだ。
 確か、購入時も組み上がった物が届いた気がする。
 これは、Amazonでは探せなかったのでAliExpressで買うことになる。
 懸念材料は一番少ないが、何せ届くまでに時間がかかる。

続きは物が届いてからまた書く。
故障で使えないとなると、出力したい物が次から次から頭に浮かぶ。
これ、3Dプリンターあるあるだよね、きっと。

Heater Blockを交換した。」へ続く。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: 3Dプリンター( TEVO Tarantula )


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.