Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

Gmailへの着信をIFTTTを使ってガラケーへSMSで通知する。

家に引いてあるブロードバンドを除くと、データを送受信できるのはガラケーのSMSだけだ。
携帯電話関連は全く知識がないので間違ってるかもしれないが、データと言っても70文字分の文字だけらしい。
Android端末は持っていて、4台のスマートホンとNexus7が1台だが、どれもWi-Fi経由でしか通信できない。

スマホ4台にはどれもSIMカードが入ってないし、そもそもSIMカードは1枚も持ってない。

表題のことが出来るらしいのでやってみた。
ひと言で言えばIFTTTからSMSが送れるということだ。

必要なもの。
1.携帯の番号
 番号は「00 + 81 + 番号の先頭の0を除いたもの」とする。
 09012345678なら00819012345678を使う。
2.IFTTTのアカウント(登録も使用も無料)
3.Gmailのアカウント(登録も使用も無料)
IFTTTへ行ってNew Appletを作成する。

+thisをクリックする。

Gmailの「G」で絞り込んで見つけやすくして、Gmailをクリックする。

すでにGmailとConnectしてあれば以下の3つ操作は必要ない。

事前にConnect(IFTTTでGmailが使えるように登録しておくこと。)してなければGmailのログイン窓が開く。

パスワードを入れて「次へ」をクリックする。

「許可」をクリックする。

何をトリガーにするかいろいろ選べるがここでは「新しいメールが届いたら。」にした。

+thatをクリックする。

SMSをクリックする。

携帯の番号を入力し、Send PINをクリックすると4ケタの数字の書かれたSMSが携帯に届く。
上にも書いたが、ここに入れる番号は「00 + 81 + 番号の先頭の0を除いたもの」で、「09012345678」なら「00819012345678」になる。

届いた番号をPINの欄に書き込んでConnectをクリックする。

実行する内容は1つしか無いようなのでこれを選ぶ。

SMSのメッセージとして送る内容を選ぶ。
ここでは初期設定のFromAddressとSubjectのままにしてCreate actionをクリックした。
アドレスと件名が送られてくる設定だ。

Finishをクリックで登録が完了する。

MyAppletsをクリックして、確かに登録されていることを確認する。

実際にGmailにPCからメールを送ってみたら、10秒ほどしてちゃんとSMSが携帯に届いた。
初めてガラケーがIoT系のものとつながったのは感慨深い。
感慨深いが使い道はいまのところ思いつかない。

追記

SMSで送ってくる項目は以下のものから選べる。

いまのところ、FromAddress、Subject、BodyPlainの3つにしてある。

携帯そのものを最近まで所持してなかったためSMSのこともよくわからない。
送信は料金が発生するようだが受信は無料のようだ。
この記事の場合はIFTTTが送信主ってことだが、料金は誰が払うのかねえ。

漢字を送っても文字化けはしない。

235文字送ってみたら、70文字×2通届いた。
140文字分しか届かなかった。

どうやら月に10通の制限があるようだ。
使えないな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: Internet その他


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.