Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

Unity – Asset StoreでMaterialをもらう。-

バージョンは 2018.1.9f2

Aset Store へは Window > AssetStore とたどる。
ちなみに、保存先はC:¥Users¥username¥AppData¥Roaming¥Unity¥Asset Store-5.x¥
場所を自由に設定できない仕様らしい。
窓はタブをつまんで引っ張り出してフローティング状態で広く使える。
フリーのものは以下のように抽出できる。

矢印のところに絞り込みワード(Materialとか)を入れればさらに絞り込める。
良さそうなのがあったらクリックすると開くので「Download」をクリックする。

ダウンロードが完了したらUnityに「Import」する。

すでにダウンロードしてあるものは「My Assets」から、

選んで「Import」で

開いた別窓で、使うものにチェックを入れて「Import」で

Project > Assets に追加される。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: 未分類


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.