Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

Gimpは使い慣れたPaint Shop Proの代替になるか。


ここに貼る画像の編集とかはPaint Shop Pro 8を使っている。
いつから使い始めたかわからないほど長く使い続けている。
そもそも8の発売が2003/6/27らしいので、10年以上使ってるのかもしれない。
8そのものはあまり評判のいいバージョンではなかったようだ。


さて、最近WindowsとUbuntuを行ったり来たりしているので、どちらの環境でも使えるGimpを少し触り始めた。
元々たいして複雑なことをしていたわけではないが、Paint Shop Proとは勝手が違うので、その都度覚書きしておくことにした。

トリミング
 矩形選択>画像>選択範囲で切り抜き
サイズ変更
 画像>画像の拡大・縮小
キャンパスサイズの変更
 画像>キャンパスサイズの変更
モザイク
 矩形選択>フィルター>ぼかし>モザイク処理
画像の回転
 画像>変形>
赤い四角で囲う
 矩形選択>編集>矩形範囲の境界線を描画
任意の形式での保存
 ファイル>名前を付けてエクスポート
表示の拡大・縮小
 Ctrl + ホイール
表示位置の移動
 ホイールをクリックのままでドラッグ
水平(垂直)
 ツール>定規>水平にしたい辺にドラッグで線を引く>Straighten
文字を縁取りする
 「GIMP 文字を縁取りする。
選択範囲の画像を移動させる
 「Gimpで選択範囲の画像を移動させる。
矢印のついた線を描く
 「Gimpで矢印のついた線を描く。

気づいた点など
 ※文字を入れてそれを移動するとき、
  文字そのものをつかまないと背景が動いてしまう。
  文字枠内のどこかではダメ。

追記
 2019/09/20 現在、PSPはアンインストールしてしまっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: 静止画


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.