Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

4台のうちの1台のESP32-CAMが不調

ESP32-CAMは4台あるが、そのうちの1台だけが不調なので書く。
参考記事「OV2640 ESP32-CAM を試す。

症状
Serial Monitoprに以下のように出力される。

あまり意味がないけどカメラを外すと以下のように出力される。

ちなみに正常動作するものは以下のように出力する。

よく見かける定番の対策は電源の強化だ。
USBケーブルを太いのに交換とか、外部電源を用意するとか、大きめのコンデンサを入れるとか。
いろいろやったが解決しない。
しかも、同一条件で他の3台は問題ないので、この個体の問題としか考えられない。

ここまで来てやっと回路図を見てみる。
この部分が

基板上ではこうで

しかもシルク印刷ではVCCとなっていることに気づく。

レギュレータの入力につながってるつもりでこの端子に8.4Vとかをつないでいた。
つまりここに8.4Vかけたことになる。

まず間違いなくレギュレータのAMS1117は逆接でお亡くなりになっていると思われる。
他の3台で同じことをやらなかったのは奇跡としか言いようがない。

正しくは5Vとある端子に外部電源をつながなければいけない。
AMS1117-3.3の最大定格は15Vまでなのでそれなら何も問題なかったはずだ。
基板上で5VはVINと書くべきであり、VCCは現状なら3.3V OUTとでも書くべきだと思う。

AMS1117-3.3を交換するだけで直るかなあという話だが、AMS1117-3.3は結構他のモジュールでも使われているのでポチっておいた。
物が届いて交換してみたらまた書くかも。

追記(2021/11/17)
 ESP32-CAM-01 + Camera 1
 ESP32-CAM-02 + Camera 2
  ESP32-CAM – USB-Serial
  5V – 5V
  UOR – TX
  UOT – RX
  GND – GND
 ブラウザ上からのカメラの動作確認のみでスケッチは書き込んでない
 USB-Serialのジャンパを5Vにしてこれ以外の外部電源は接続しなかった

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: ESP32, 電子工作その他


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.