Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

ローレライ

「ローレライ」という映画をTVでみた。

だめ。

潜水艦系(?)の映画は、
「眼下の敵」
「Uボート」
「レッド・オクトーバーを追え」
「U-571」
「ユリョン」
を見たが。
その中ではダントツで最低。

というより、潜水艦映画の仲間に入れちゃいけないんだな。
理由を言葉であらわすのは難しいが、
「息苦しさが感じられないから。」
と言っておこう。

別に潜水艦だからって訳ではないが、
息が詰まるような重々しさが必要だ、
潜水艦を題材にするなら。

上にあげた5作品は、
少なくとも2度以上見ていて、
「Uボート」「レッド・オクトーバーを追え」は、
かなり幾度も見ている、
「眼下の敵」と「ユリョン」は、
これを書いてて見たくなってきた。
でも、「ローレライ」は、
この映画の存在自体を忘れるだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: 芸能


One comment

  • 眼下の敵

    第2次世界大戦下の南大西洋。マレル艦長(ロバート・ミッチャム)率いるアメリカ駆逐艦ヘインズ号は、ドイツ軍Uボートを発見。一方、そのUボート艦長フォン・ストルバーグ(クルト・ユルゲンス)は、敵の暗号書を本国へ持ち帰るという重大な使命を持っていた。かくして米駆逐艦と独Uボート、男と男の意地を懸けた壮絶な戦いの幕が開ける! あたかもゲームのようなスポーティ感覚で男同士の戦いを描いた戦争映画の傑作。お互いが知略を駆使しての厳粛なシーソー合戦が、実にスリリングかつダイナミック。しかもどちらも公平な視…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.