Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

DN-MP500を開けてみた

DN-MP500のカバーを外して中を見てみた。
カバーは底にある4つのネジを外すだけですぐ簡単に外れ、中の基盤もそのまま取り出せる。

開けてみたからといって私に何かが分かるわけではない。

何も分からないが、横と底面にスリットは入っているものの、窒息ぎみのケースだということはわかった。しかも、プラスチックのケースなので金属製とは違って放熱効果もあまり高くないと思われ、それは、使用中に本体に触れてみれば明らかだ。もっとも、外側が熱いということは、そこまでは熱が来ていて、多少なりとも外へ放出されてはいるわけだ。
せめて上面に金属を使い、ヒートシンクの熱を逃がしていると良かったのに。

ホコリを覚悟で前後のパネルを外すか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: DN-MP500


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.