Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

DesignSpark PCB で既存のDIP仕様のComponentを表面実装仕様に編集する 2

DesignSpark PCB関連の記事一覧はこちらから。
DesignSpark PCB で既存のDIP仕様のComponentを表面実装仕様に編集する」の補足。
サイズや位置についてあまり詳しく書いてなかったので。

普通に18pinのDIPのPCBパターンを作るとWizardどおりにやるだけで、ピン間は6.096mm、中心間が7.620mmで、ようするに2.54ピッチで4つ分だ。
dipsockettosmd01
Padのサイズはこうなっている。
dipsockettosmd02
これをこう変更する。
dipsockettosmd03
すると、こんな風にもとの中心を維持したままPadの型が変更される。
dipsockettosmd04
あとは上下に平行移動して、元のPad間の距離に合うようにずらせば出来上がりだ。
dipsockettosmd05
Pad間の距離は大体この程度。
dipsockettosmd06
こうやってはダメだ。
dipsockettosmd07
実際にパターンを作ってみると右はベタのパターンの部分にICソケットの足が触れてしまうようなパターンになってしまう。
dipsockettosmd08
前回やったように、絶縁対策をしなければならなくなる。
20150708184622

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: DesignSpark PCB


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.