Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

PIC16F1827 + MPU6050 Module + VB6

前回「PIC16F1827 + MPU6050 Module (InvenSense MPU6050搭載 三軸加速度センサ・三軸ジャイロセンサモジュール)」では、TeraTermに数値を表示させていた。
動きが表示できた方が楽しいかと思って、無い知識に鞭打って、VB6という往年の名環境で多少動きのあるものを作ってみた。
pic16f1827_mpu6050_vb6_01
いやあ、VB久しぶりです。

モジュールを水平に置いたところから、左右に傾けると画面上の円が左右に移動、前後に傾けると上下に移動する。
これが、プログラム上でGxとかGyとかで表されている値の変化だ。
この2つは何となく意味がわかる。
Gzが良く分からないので円の半径に割り当ててある。
だが、いったいどうするとこの値がどう変化するのか、よくわかってない。
前後方向の直線を軸とした回転がGx、左右方向の直線を軸とした回転がGyのようなので、Gzは鉛直方向の直線を軸とした回転なんだろうけど。
何か、そのようにはならない感じだ。

そもそもMPU-6050自体のデータシートとか全く読み解いていないので、返ってくる値が何なのかさえ後回しで、とりあえず「PICで動かせる」ことを目標にしている段階だ。

ま、確かに動かせてはいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: PIC16F1827


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.