Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

curaでTPUを使ってみる。

TPUを使って印刷するのは久しぶりだ。
前回まではFlexible Filamentと書いていたようだが同じもののことだ。
このフィラメント、開封し前回使用した後圧縮袋に入れて1年7か月置いてあったわけだが、特に品質に変化があるようには見えない。
多分前回印刷したとき(2017/07/15)のスライサーはSric3rだったと思う。

フィラメントの交換(TPUからPLAへ)
WEBカメラにダイソーの魚眼レンズを取り付けるアダプタ
2.5inch ポータブルUSB HDD 壁貼り
TPU導入初期のドタバタはこちらから。

その後、スライサーがcuraに替わったので、curaでの設定方法を覚書きしておく。



ここで名前を変更しておく。
Tevo Tarantula TPU とした。



既存の設定の中で一番最初に出てくるTPUを選んだ。

あとは下の赤線の部分だけを変更しただけで印刷してみた。
層の厚さを0.2mmにして、印刷速度を半分にした。

これで、特に問題なく印刷できた。




ダイソーの300円モバイル・バッテリーにモジュールを装着するためのもの。
ESP8266をWi-FiのRepeaterとして動作させる。
ぴったりのサイズに作るのはなかなか難しい。
最初はPLAで作ったのだが、素材が硬いと融通が利かない。
TPUならそのあたりを柔軟さでカバーしてくれるので都合がいい。
また、柔らかいけれどもPLAより丈夫だ。
PLAなら引っ張ると折れたりちぎれたりするところ、TPUだと指が痛くなるほど引っ張っても切れない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: ソフトウェア関連, 作った物, 設定


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.