Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

Arduino Nano + S12SD UVR(GUVA-S12SD)

S12SD UVR(GUVA-S12SD)はUVセンサーのモジュールだ。

AliExpressで買った(送料込み$2.08)モジュールのシルクにはS12SD UVRとある。
AdafruitではGUVA-S12SDとなっている。
GUVA-S12SDという紫外線を検知するセンサーにオペアンプをつけたモジュールだ。
240~380nm程度の波長の電磁波に反応し、

光の強さに応じて電流がリニアに変化する。

例によって最初に見つけたライブラリをもらってきてArduino Nanoで試す。
README.mdにあったスケッチにserial.begin(9600);を追加しただけで実行してみた。


普通のLEDライトをどれだけ近づけても何の反応もなかったが、これまたAliExpressで買ったLED UVライト(「中華製UVライトとダイソー速乾UVレジン液を試す。」)を近づけたら上のように9まで値が上がった。
UVに反応していることは確かなようだ。
ていうか、まあ、UVレジンを30秒で硬化させたライトだから確かにUVライトなんだろう、という前提での話だ。
そこまでAliExpress経由の製品を疑う必要もないけど…。

要は電圧を読み取ってAD変換値をUV Indexに換算して表示するだけなので、下のスケッチの方がそのものずばりでわかりやすい。

測定値とUV Indexの換算表をよく見かけたので貼っておく。

WHOの資料からUV Indexに応じた紫外線対策の表。

UV Indexが9に達するのは本州では晴天の真夏の真昼間とかの限られた時間だ(http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/info_uv.html)。
なので、UVレジンをいつでも効率よく硬化させたきゃUVライトは必要ってことだろう。
AliExpressで買ったモジュールにはピン情報のシルク印刷は全く無いが、パターンを追って確認し、3.3V、GND、A0に接続してある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: Arduino系, 電子工作その他


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.