Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

モジュールにハンダ付けされているピンヘッダを外す。

ピンヘッダの黒いプラスチックと基板の間に平刃を挿し込んで隙間を空ける。
OLFAのアートナイフプロ替刃平刃というのを使っている。
この平刃は3Dプリンターのベッドから印刷物をはがすのにも重宝している。

こんな感じに少し隙間があく。

あとは、時計用のマイナス・ドライバなど

から始めて隙間を広げていけばいい。
ある程度広がると、黒いプラスチックとピンとの間が緩くなって、最終的には指でつまんで外せる程度になる。

こうなれば、はんだを融かしながら1ピンずつ抜けばいいだけだ。
後の始末が楽なので、私の場合はハンダ吸い取り器で吸っていく。

写真のようにピンだけ下に落ちる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: 電子工作その他


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.