Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

006P形ニッケル水素充電池 GP30R7H を分解してみた。

2次電池は取り扱いを誤ると非常に危険です。
この記事に関連して生じたいかなる結果にも責任を負いません。

秋月で買った006P形ニッケル水素充電池 GP30R7H を分解してみた。

20140617234148

外装を剥くのは比較的簡単だ。
黒いプラスチックの枠の中に6本の充電池が収まっている。
20140617234253

枠のプラスチックを取り除く。
パキパキ折って外してしまう。
20140617234536

中身はこんな感じだ。
20140617234627

つまり、6本が直列に接続されていて、白いのはショートしないように貼られている紙(保護素子だったかも。確認しないで廃棄した。)や布だ。
絶縁用の紙や布は簡単にはがせるが、6本を接続している部分は溶接のようで、外すのには結構骨が折れる。
20140617234655

全部取り外してばらばらにしたものがこちら。
うす緑色の外装を残したかったが、それぞれが接着されていて、6本をばらばらにしようとすると6本中4本は破れてしまったので、結局すべて取り除いた。
頭の出っ張り部分がプラスで、あとは円筒全体がマイナスなので、何かまわりを包むものがないと使えない状態だ。
20140618141057

gp30r7hwarn

追記(2014/06/21)
さすがにこのままじゃ使えないので熱収縮チューブをかぶせた。
20140621231947

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: 電子工作その他


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.