Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

え?いまさらそんなっ!

東海地震、ひずみ蓄積は想定以下…名大グループ推測 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

>東海地震を巡っては、150年以上の空白期間があり、
>1940年代に東南海、南海地震が起きた際にも
>駿河湾沖の岩盤が破壊されていないことなどから、
>切迫性が高いとされてきた。

>今回の研究は従来の議論に一石を投じそう
>ひずみの蓄積は思ったより少なく、東海地震が単独で発生するとは考えにくい

ほんとなら、地震対策に巨額の投資を行ってきた東海地方では、
いったい何?ってことになる。
ま、いいことだけどね。
地震なんて無いに越したことはないので…。

こと、自然災害に関しては、まだまだ未知数の部分が多いという、
当たり前のことを再確認する必要があることだけは確か。
もちろん、安全側に振った準備はしておく必要はある。

だいたい、私は、
「地球にやさしい」とかいう表現は、
人間の思い上がりもはなはだしいと思っていて、
~にやさしくってのは、相手を見下ろした感じがするけど、
「地球」にしてみりゃあ人間なんて「へ」でもないって感じだろう。
「地球に見放されないように」
とでも言うのが正しい言い方だと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: 自然科学・科学技術


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.