Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

DELL DIMENSION 5150C FAN Cleaning

「DELL DIMENSION 5150C」を購入してからだいぶ経つ。

いやしくもPC自作を趣味としていた者が、メーカー製の、しかもスタイルだけがとりえの機種を購入する以上、それなりの訳があった。
で、その訳ゆえに、当分、PC自作系の話題からは遠ざかっていたのである。

しかし最近、5150Cのファンがうるさすぎる。
もともと、うるさいと評判だったらしいのだが、購入時にはろくに下調べもせずに購入したため、自業自得とあきらめていたのだ。
だが、最近のうるささは、明らかにFANが汚れてきたうるささで、もって生まれたうるささとは違う。

で、前置きが長くなったが、FANをお掃除しようということになって、
1168日ぶりの更新は、そのお掃除の顛末である。

(1)ここに音源であるFANがある。
外気を吸い込んで、
(3)の下にあるCPUのヒートシンクを冷やす。
(2)はそのFANの電源コード、
回転数の制御用のコードも一緒だ。
(4)はハードディスク。
(5)はCD/DVDドライブ。
(6)は電源。
(7)はメモリ。

5150c01

よく話題になってた、この機種の問題点を一応書いておくと、前面の吸気FANによるエアフローと電源のFANによるエアフローが、ハードディスクのあたりでぶつかるようになっている。
5150c02

よって、ハードディスクがやばいという説。

電源のFANの向きを逆にすれば良いという説や、そうするとCPUを冷やした後の暖かい空気が電源に入ってくるから、今度は電源がやばいという説や、いろいろ。

結局、ケースの右側面のカバーを空けておくというのが一番よさそうで…。
ただ、ちと消極的で、悲しい。

今回、その辺はお茶を濁しておいて、とにかく(3)の中に在るであろうFANのお掃除が目的。
ハードディスクをはずし、(3)を留めているねじを2ヶ所はずして、黄色の線を軸に(3)を右の方へ起こすような感じではずす。
5150c03
ハードディスクまでは、はずし方のイラストも描かれているが、ヒートシンク以降は、メーカー保障は得られないだろう( 未確認 )、
やってみようという方はご注意を。
当然、私も何の責任も持ちません。

はずしたのが、この写真。
5150c04
思ったとおり、FANの汚れは相当なもの(赤丸)。
はずすにはマザーボードもはずす必要があったので、横から綿棒で埃を取ってお掃除完了。

ヒートシンクとCPU(青丸)との間の熱伝導グリスを塗りなおし、ヒートシンクを取り付けておしまい。
やってみる方は、熱伝導グリスが必須です。

後でよく見たら、前面カバーがはずれそうな気もしたが未確認。

後日、徹底的に掃除。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: 5150C


3 comments

  • はじめまして。使用5年目ですが、自分で筐体開けたりすることはありませんでした。最近、スイッチ周りが触れないほど高温になり、急に落ちたりして、とうとうHDが起動しなくなりました。きっとずっと炙られ続けて半死の状態です。
    ファンの騒音など最初からあきらめていたのですが、縋る思いで掃除をしました。
    右カバー以外は怖くて外せないので、図解に従ってファンだけ外して、羽と通風孔の掃除をしたところ、ああああ、HDが普通に起動するようになりましたっ!送風量が増えて幾分か楽になったのだと思います。
    (黒いところだけ取り外しました。線がつながってるのであまり離れませんが、)
    熱風構造も知ることができて良かったです。メーカーって、そういうこと考えないんですかね~(泣)評判を調べなかった私も悪いのですが。
    とにかくわかりやすくて助かりました。効果的な延命措置です。ありがとうございました。

  • 連投申し訳ありません。訂正です。触れないほど熱くなったのはスイッチ回りではなく、背面部分です。どうでも良いですかね(汗)あとファンが外せたのは、私のは少し違うタイプだからかなと思いました。グリスを使うところがなかったので。

  • まさと on 2009年6月28日 at 11:19 PM said:

    Reply

    掃除して埃を取ったら、(Fanの掃除・グリースの部分は実施せず)
    とても静かになりました。
    どうもありがとうございました。
    息子も、戦いは終わった・・・と、静寂を楽しんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.