Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

チリの鉱山落盤事故

「釣り鐘」カプセルで40分…チリ落盤救出法
チリ北部コピアポ近郊の鉱山落盤事故で地下に閉じ込められた作業員33人を救出する手順が2日、地元紙報道などで明らかになってきた。
救出作戦は、暗闇に慣れた作業員の目や肌を保護するため、夜間を中心に行う。最初に4人のレスキュー隊員が地下約700メートルの坑内に下り、33人の健康状態を調べ、引き上げる順番などを決める。次に、「釣り鐘」と呼ばれる筒状のアルミ製カプセルに1人ずつ収容し、重機で地上に引き上げる。所要時間は1人平均約40分。全工程で約3日かかる見通しだ。
作業員はカプセル内で、断熱効果のある特殊な服を身に着け、シートベルトで固定される。酸素ボンベや通信機器も搭載。マイク付きのヘッドホンで地上と交信できる。救出後は直ちに、コピアポ市内の病院に搬送される予定だ。
(2010年9月3日12時29分 読売新聞)


under700m-3
「はやぶさ」で宇宙へ夢をはせていたら、実は地球の内部にもそれに匹敵するほどの、我々一般人からしたらまさに宇宙のような場所があって、そこで働く人々がいることを再認識することになった。
説明の都合上、テレビのニュースでは上のような図が示されるわけだが、正しい縮尺で作った3Dモデルをレダリングした結果が下の絵だ。

深さ、避難所のサイズ、連絡用の穴のサイズそれぞれを伝わっているとおりの縮尺で示すと、本当にはるかかなたのちっぽけな点へ届く、まるで糸のような掘削孔だと感じる。
どこへどう掘って無事を確認したのかよくわからないが、連絡用の穴が人の居るところへ行き当たったこと自体が奇跡的だということがわかる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: 国際


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.