Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

教師が殺人未遂で戒告処分

これが呼吸の授業?生徒の口と鼻ふさぎ失神
 横浜市教委は30日、同市青葉区の市立中学校で、男性教諭(50)が理科の授業中、呼吸の大切さを教えようと1年の男子生徒(12)の口と鼻を手でふさぎ、気を失わせたとして戒告の懲戒処分にしたと発表した。
 市教委によると、教諭は6月24日、1年生38人に「呼吸について」の授業をした際、生徒を立たせ、背後から右手で口と鼻をふさいだ。
 生徒は教諭の手をたたいて苦しいと訴えたが、教諭が「もう少し我慢しろ」と続けたため意識を失った。意識はすぐに戻り、授業は続けられた。
 教諭は他のクラスの授業でも同じことをしていたといい、「教職員としての責任に対する自覚が足りなかった。深く反省している」と話しているという。
(2010年9月30日13時27分 読売新聞)

横浜市教委:男性教諭を処分 光合成授業で生徒の口ふさぐ
 横浜市教委は30日、授業中に生徒の口をふさいで気を失わせたとして、市立山内中学校(青葉区美しが丘、高瀬茂校長)の男性教諭(50)を戒告処分にしたと発表した。
 市教委によると、教諭は6月24日の理科の授業で植物の光合成について説明する際、中学1年の男子生徒(当時12歳)を立たせ、首の後ろに左手を添えて右手で口と鼻をふさいだ。生徒は4、5秒後に身ぶりで苦しいと訴えたが、30秒ほどふさぎ続けたため気を失ったという。
 教諭は生徒がすぐに意識を取り戻したため授業を続け、校長にも報告しなかったという。翌25日、生徒の保護者からの連絡で発覚した。
 教諭は「植物が呼吸するイメージを教えるため、やり過ぎた。反省している」と話しているという。市教委によると、教諭はこれまでにも体罰などで2回、処分を受けている。【川端智子】
( 毎日新聞 2010年9月30日 12時18分 )

生徒の鼻と口ふさぎ気失わす 呼吸の説明で 横浜の教師
 横浜市立山内中学校(青葉区)の男性教師(50)が理科の授業中、呼吸について教えようと1年生の男子生徒の口と鼻を手のひらでふさぎ、生徒が気を失っていたことがわかった。すぐ意識を戻したため、教師は学校や保護者に連絡しなかった。市教育委員会は30日、「一つ間違えば生命の危険もある」として、懲戒処分(戒告)にした。
 市教委によると、教師は6月24日、生物の「呼吸と光合成」の授業で呼吸のイメージを教えようと、近くの男子生徒を立たせ、左手を生徒の首にそえ、右手で口と鼻をふさいだ。生徒は教師の手をたたいて「苦しい」と意思表示したが、教師は「まだ大丈夫だろう」と判断。しばらくして生徒が気を失った。ふさいだ時間は10秒足らずという。
 生徒がすぐに意識を取り戻したため、教師は保健室に連れていかず、そのまま授業を続けた。保護者から学校に連絡があり、問題が明らかになった。
( 朝日新聞 2010年9月30日12時12分 )

おいおい、すごいなこれ。教師って何やってもオーケーなのかよ。教室は無法地帯かよ。教師は神かよ。

これって、どう考えても「殺人未遂」だろ?
戒告とかいうレベルの問題じゃなくて、立派な刑事事件だろ、逮捕して死刑にしろよ。こんな馬鹿教師、必要ないだろ。
>教職員としての責任に対する自覚
とか、わけのわからんこと言ってんじゃねえよ、教職員かどうかは無関係だろ。自覚がどうこうっておかしいだろ、殺人犯はみんな教職員としての自覚が無いやつらなのかよ。てことは、教師でないおいらも殺人犯かよ。
人が力ずくでむりやり他人の呼吸を止める行為はどうみても殺人だろ。

これが「訓告」だけで済まされて、実名も報道されず、この男がのうのうと教師面して暮らしていくのが今の日本の教育界の実態ですか。なんで、もっと大騒ぎにならないのかが不思議だ。

ほんと、こんな奴らに育てられた子供が成長したころの日本がどうなるやら、楽しみで背筋が寒くなりますよ。

毎日の記事では
>市教委によると、教諭はこれまでにも体罰などで2回、処分を受けている。
要するに、横浜市教育委員会公認の殺人教師ってわけだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: 教育


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.