Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

まったく理解できない国家

「遺体どこにもない」鉄道事故家族…死者40人
【温州(中国浙江省)=角谷志保美】新華社電によると、中国浙江省温州で23日夜起きた高速鉄道の追突、脱線事故による死者は25日夜までに40人となった。
当局は「これが最後の数字ではない」としており、行方不明の乗客も多いため、犠牲者はさらに増えそうだ。
「市内の病院は全部回った。遺体もすべて確認したが、どこにもいない」「列車とともに地下に埋められたらたまらない」。温州市内の遺体安置所には、不明乗客の家族や友人ら約20人が集まり、担当者にすがりついて訴えた。テレビのインタビューに涙を浮かべながら答える者もいた。
鉄道省は、24日深夜の記者会見で死傷者数を公表したが、不明者がいるのかどうかについては説明がなく、疑心暗鬼を生んでいる。
また、妊娠7か月の妻(28)と義母(52)ら家族5人を亡くした浙江省の男性は、「政府は生命よりも運行再開を優先した」と声を荒らげた。男性の家族が24日夜、運行再開のために高架から落とされた車両の中で発見されたためだ。
(2011年7月26日08時38分 読売新聞)


四川省の地震の際にも、手抜き工事の隠蔽のために倒壊した建物の瓦礫を行方不明者もろとも埋めちまったらしいが、今回の高速鉄道の事故でもやっぱり同じ手を使ったらしい。

ひでえ国だ。

としか言いようがない。
国民が気の毒だ。
早く革命でも起こせよ。
それとも、そもそもそういう国民性なのか。

それでもこの国の経済成長に目がくらんで尻尾を振りながら擦り寄っていく連中がいて、そういう連中にも多少の責任はあるわな。
その恩恵を、多少なりとも受けている可能性が否定できないので、心が痛む。
そういう日本だって、経済優先で国民は置き去りなんだから、偉そうなことは言えんわな。
とにかく、長い付き合いの中で日本にいろいろなものを与えてくれた中国4000年の知恵が、このまま「経済発展」の犠牲になって跡形もなく消えてしまうんだろうかと思うと、無性に腹立たしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: 国際


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.