Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

PIC16F88でコンデンサの容量を比べる 補足

PIC16F88でコンデンサの容量を比べる」のちょこっと補足。
充電曲線をオシロスコープ(LHT00SU1)で測定してみた。
capacitor_charge_curve_10nf
コンパレータへ入力する測定基準の電圧は、1kΩ、10kΩ、10kΩで分圧されており、実験時の電源電圧は4.77Vだったので、0.23vと2.46Vである。
上の図のようになり、測定時間はおよそ15.9msとなる。

一方、8MHz、プリスケーラを1:4に設定した場合のTimer1の値が7975だった。
1 ÷ 8000000 × 4 × 4 × 7975 × 1000 = 15.95 ms
となって、実測値と、おおざっぱながらオシロスコープ(LHT00SU1)の測定から得られた時間とがほぼ一致した。
20141218200122

LHT00SU1 + PulseView by Zadig of sigrok

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: PIC16F88, 電子工作その他


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.