Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

VB6のプログラム(VB6 + MSComm)でI2C EEPROMのデータをファイルに取り込む

I2C接続のEEPROMのデータは、PIC18F14K50でUSBからTeraTermで受信してコピペでファイルに保存していた。
久しぶりにVB6をインストールし、ごりごりやって、これをVB6のMSCommで行うようなプログラムを作ってみた。
参考にしたのは以下の検索結果で出てくるサイト。
https://www.google.co.jp/search?q=VB6+MSComm&ie=utf-8&oe=utf-8&hl=ja
VBをすっかり忘れていたのと、C言語との違いがごちゃごちゃになって、余分なところで結構苦労したが、だいぶ手間を省けるものが出来上がった。
vb6_mscopmm_01
vb6_mscopmm_02

最終的にはLibrreOfficeのCalcでグラフにしたりなので、CSV形式のデータとして出力できればいいというのが目標。
この、数値を文字列に変換してテキスト・データとしてファイルを作るというのが、なかなか、データ形式をちゃんと把握できてなかったり、VBとCが混ざったりで面倒だった。
そういえばVBには「文字列」とかいうのがあったんだったなあとか、途中で思い出したりしていた。
Cにはそんな型は無いので、すっかり概念がごっちゃになってしまった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: VB6 Programs, 電子工作その他


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.