Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

表面実装用のICSP端子の自作

表面実装にすると、PICを取り外してプログラムを書き換えることが出来ないので、基板上にICSP接続用の端子を用意することが多い。
せっかくコンパクトな表面実装にしたのに、たまにしか使わない端子がピンソケットやピンヘッダとして鎮座ましましているのはちょっと。

というわけで、なるべくコンパクトに、安く端子を実装しようといろいろ試したが、最近お気に入りなのはこの方法。

icsp_terminal_01

icsp_terminal_02

icsp_terminal_03
1.5mmほどの直径の棒(ここではドリルビットを使った。)に0.55mm径の銅線を巻きつけて輪を作る。
icsp_terminal_04
輪を1つ1つ切り離して、開き具合を調整する。
icsp_terminal_05
PCB上には、適当な位置に2.0 x 1.2 mm ほどのランドを用意しておき、先ほどの輪を立ててハンダ付けする。
icsp_terminal_06
ここにeBayあたりで買ったICクリップのフックを引っ掛けると非常に具合がいい。
icsp_terminal_07
icsp_terminal_08

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: 現在実行中の方法


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.