Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

アメリカのマスコミはいいねえ、まだ息があるようだ。

日本でも同じなのだが、大衆は馬鹿で、無知で、流されやすいから、選ばれた奴がまともだという保証はどこにもない。
そういう意味では、日本の方がアメリカよりも先を行っていると言ってもいい。
何せ、トップがマリオ安倍…。

さて、馬鹿で、無知で、流されやすい大衆を、正しく導く役割を担っているのが、社会の公器たるマスコミの皆さんだ。
したがって、結果だけ見たら、日本のマスコミもアメリカのマスコミも「無能」であると言わざるを得ない。

でも、上の様子を見る限りでは、アメリカのマスコミはまだ息があるよねえ。
大統領に食い下がる記者が存在するわけだから。

ぶら下がってニュース・ソースをもらってくるだけの、ただの伝達機能しかない御用番記者がマスコミづらしている日本とはちょっと違う。
日本じゃ、もうだいぶ前からマスコミは息をしてないから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: マスコミ, 国際, 政治, 社会


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.