Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

Arduino IDE for Visual Studio

Arduino IDE for Visual Studio をインストールしてみる。
Visual Studio 2017 はすでにインストールしてある。
なるべく本家からたどろうと思うが、いろいろ出てきて良く分からない。
ここ(http://www.visualmicro.com/)が本家かな?



「Visual.Micro.Arduino.Studio.vsix」というのがダウンロードされる。
このファイルをダブルクリックしてインストールする。
Visual Studioを起動すると、以下のようにArduino IDEについてたずねられるので設定する。
1番上はArduino IDEのバージョンを選び、2番目はarduino.exeのあるフォルダを指定する。

3番目と4番目は空欄のままでいい。

あとは新しいプロジェクトを作成するときに以下のようにArduinoを選べばいいだけ。

ボードの種類を選ぶ。

プログラムを書き出したりシリアル・モニタ用に使ったりするポートを選択する。

シリアルモニタを開く。

ビルドとかアップロードとかは問題なく出来る。

プログラムを書き出すポートとは別のポートでシリアル・モニターへ出力することも出来るようだ。


とりあえず、中華製UNOクローンにLチカプログラムを書き込んでみたが、何の問題も無かった。
まだ全く使い込んでないので、使い心地はまたあとで。

書き込み速度の設定はここで変えられる(追記2017/11/30)。

初期設定では115200だったが、921600でも問題無かった。
速い。

追記
 ESP8266にも書き込んでみたが、こちらも今のところ全く問題ない。
 Arduino IDEで作ったスケッチを読み込んでESP8266に書き込んでも全く不都合は無い。
追記(2017/11/11)
 久しぶりにArduino IDEを起動してみたらこんなエラーが出た。
 
 どうやらVisual Studioで作った数字で始まるフォルダ名はArduino IDEではご法度らしい。

関連記事
Arduino IDE for Visual Studio – ZIPファイルからライブラリを追加する。 –

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: Arduino系


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.