PIC10F322 + MPLAB Code Configurator でLチカ | Sahara's WebLog

Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

PIC10F322 + MPLAB Code Configurator でLチカ

PIC10F222でやろうとしたらMCC(MPLAB Code Configurator)が対応してなかった。
PIC10F322には対応している。

System Module の設定

Timer0の設定

出力ピンの設定(米粒6ピンの場合)


Generateする。

main.c
を開いて、
INTERRUPT_GlobalInterruptEnable();
を有効にする。

mcc_generated_files¥tmr0.c
を開いて以下を追加する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: PIC10F322


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.