Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

PIC32MM0064GPL028で左右ウインカー、ハザード、点滅音を実装してみる。

某掲示板で模型にLEDの点滅を仕込むのにPICを使う話が出ている。
PIC32MM0064GPL028でいろいろやった集大成のつもりで、表題のことをやってみた。

PIC32MM0064GPL028にスピーカーをつないで音声を鳴らす。
PIC32MM0064GPL028 + MCC でPWMを試してみる。


スイッチを押すたびに、左ウインカーの点滅と点滅音、右ウインカーの点滅と点滅音、ハザードの点滅と点滅音、車幅灯の点灯、消灯を順に繰り返す。

MCCの設定をProject Resourcesの表示順に画像で貼る。
Interrupt Module

Pin Module

System Module

MCCP1
PWMで音を鳴らす。
周期=16MHz÷0x100=62.5KHz、デューティ比はCCP1RBで決める。

SCCP2
ウインカーの点滅間隔を決める。
16MHz÷64÷0x1E848=2Hz

TMR1
音の周波数を変える間隔を決める。
125us=8kHz=音データのサンプリング周波数

コードも貼る。
main.c

sccp2_tmr.c

tmr1.c

main.cは全部だが、他はMCCの出力したコードに追加した部分だけ。

PIC32MM0064GPL028で音と電飾シリーズ – ホーンの音も追加 –」へ続く。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: PIC32MM0064GPL028


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.