Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

USBメモリーからDOSを起動する 3

USBメモリーからDOSを起動する手順の3。

1 USBメモリーにDOSの起動環境を組み込む。
1-1 Windows XP で仮想FDDを作成する。
1-2 Windows XP の仮想FDDをMS-DOSの起動ディスクとしてフォーマットする。
1-3 USBメモリーをMS-DOSの起動ディスクとしてフォーマットする。
1-3-1 HP USB Disk Storage Format Tool をダウンロードする。

1-3-2 別窓が開いて、しばらく待つとさらに小窓が開くので、保存する。この下にあるDOWNLOAD NOWとかは違うので、必要なければクリックしないこと。

1-3-3 保存したファイルを起動するとインストールが始まるので指示のとおりに進める。
1-3-4 USBメモリーをスロットに挿す。
1-3-5 インストールしたHP USB Disk Storage Format Toolを実行する。
1-3-6 USBメモリーが認識されているはずなので、Create a DOS startup disk にチェックを入れ、using DOS system files located at:にもチェックを入れて、下の空欄にはVirtual Floppy Driveで作ってDOSの起動ディスクとした仮想ドライブを指定してStartをクリックする。

1-3-7 ホントにいいの?って聞いてくるので「はい」をクリックする。

1-3-8 完了。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: Software その他


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.