Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

屈辱的だ

NHKのニュースで取り上げていたのでInternational Judo FederationのWebへ行ってみた。
トップページからリンクが貼られていて
ijfed01
ijfed02
曰く、

The IJF Condemns Hard Training Methods
31th January 2013.
In direct connection with the complaint of a group of athletes from the national Japanese women’s team, reporting the acts from their coach, the IJF strongly emphasizes its total disapproval of such behaviors.
It has nothing to do with the spirit and philosophy of judo taught by the founding master of our sport, Master Jigoro Kano,” said the President of the International Judo Federation, Mr. Marius Vizer.
The IJF is particularly focussed on the development and promotion of the moral code of judo. Judo is a method to develop the physical and mental capacities, whose primary concern is to maintain the health and integrity (physical and mental) of the participants. Any action that goes against these principles are banned. The IJF will therefore take all necessary measures.

とある。
これは屈辱的だ。
色が黄色いことや、背が低いことや、顔がのっぺりなことや、ちっちゃな島国に住んでることを笑われても気にはならないが、日本人が日本人たる精神の本流を見失いかけている事実を、外国人にしたり顔で指摘されることほど屈辱的なことはない。
日本の柔道連盟のクズどもの認識がどれほど甘いかが良く分かる。
It has nothing to do with the spirit and philosophy of judo taught by the founding master of our sport, Master Jigoro Kano.
この部分を100万回読み返せ。
というか、これが屈辱的だとも思わない連中なのかもしれない。
それなら、もう全日本柔道連盟は解散させるべきだ。
ヤツらのちっぽけな保身や対面を繕おうとする小賢さが、日本という国を辱めたのだということを自覚させるべきだ。
嘉納治五郎とはいったいどこの国の人だったか、その教えの本質は何だったのか、もう一度考え直させなければいけない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: スポーツ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.