Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

日本のお家芸が日本を貶める

女子柔道のナショナルチームの監督が暴力行為で選手から告発された事件で、監督が辞任の意向を示した。

きっと今回もトカゲのシッポ切りで一件落着といういつものパターンだ。

ただし、日本のお家芸であった柔道の醜態は、日本そのものを貶める結果となり、筋肉脳どもの保身のおかげで、我々国民まで恥ずかしい思いをする羽目となってしまった。
judojininn01

judojininn02

judojininn03

judojininn04

judojininn05

judojininn06

judojininn07

園田という人の行為にももちろん問題はあるのだろうが、それに対する連盟の対応が全くお粗末で、これが事を大きくし、国際的な信頼を脅かすという最悪の結果になってしまったのだという点を忘れてはならない。

何の根拠も無い憶測だが、外国の柔道家もかなりのショックを受けただろう。
そして、そのショックはそのまま日本への大きな失望に変わるだろう。
日本の文化や武道を愛する外国人というのは、ストイックに精神論から学び始めて心底傾倒し、それを体現する形で実践に移るように思う。
だから、へたな日本人よりよっぽど許せないと思っているに違いない。

失ったものは大きいんだぞ、筋肉脳ども。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: スポーツ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.