Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

PIC12F1822 + Servo Motor で壊れた扇風機の首振り -テスト2-

適当に仮止めでやってた分には良かったが、少しずつ詰めて、例えば扇風機と割り箸とをきっちり接続してみたりすると、どうもギシギシする。
サーボの力不足なのかなあとも思ったが、よく考えたら下のようなことになってたと気づいた。
servowarizure
機械関係の知識のある人なら当たり前のことなんだろうけど、残念ながら私の場合には実際にやってみてしばらくしないと気づかない。
で、こういうふうにして、きっちり結びつけるのをやめてみた。
servowarizure2
扇風機に取り付けたリング状のパーツの穴の中に割り箸が固定されずに通してあるだけということだ。
これなら双方の軌道がずれても問題ない。

その程度しか進展してないが、現状はこう。
servowarizure3
一応、ニッケル水素充電池の充電後から電池が切れるまで、機構的には問題なく動き続ける。


「扇風機の首振り機能復活プロジェクト」記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: PIC その他, PIC12F1822, 扇風機の首振り機能復活プロジェクト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.