Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

激安中華USBシリアル変換モジュールを買ってみた。

定番のFT232RLでなくSILICON LABSのCP2102が載っている。
だ。
20161018135602
そのまま接続すると、ドライバが無いので認識されない。
cp2012_inst_01
「CP2012 Driver」とかで検索すればすぐに出てくるので、SILICON LABSのサイトからもらってくる。
cp2012_inst_02
cp2012_inst_03
解凍して、自分の環境に合ったものを実行するだけで、
cp2012_inst_04
無事にインストールされて、
cp2012_inst_05
ちゃんと認識され、
cp2012_inst_06
問題なく通信できる。
cp2012_inst_07
くどいようだが、送料込み145円。
USBのコネクタは、micro-Bだ。
20161018135641
環境は、Windows10 Pro 64BIT、1607、14393.321で、接続先はESP8266だ。
プログラムの書き込みも、Arduino IDEの設定メニューでは最速の921600baudで問題なく完了した。
ちなみに、FT232RLの載った別の中華製のモジュールでは、921600baudは失敗した。
ただ、USBのコネクタの形状が違うので、接続に使うケーブルが同じではない。
そのため、厳密な比較とは言えないし、1000円近くするちゃんとしたモジュールは持っていないので、FT232RLより優れているとまでは言えない。
にしても、プログラムの書き込みや動作チェックに使うのに、145円のモジュールで十分であることに変わりはない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: ESP8266, FT232RL, 電子工作その他


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.