Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

PIC32MX120F032B MCC UARTでデバッグ用のシリアル出力(文字と10進数で)

PIC32MX120F032B MCC UARTでデバッグ用のシリアル出力」の続き。
やはり16進数ではわかりにくいので10進表示にし、ついでに文字も出力するように変えた。
と言ってもMCCのおかげで手順は簡単だ。

Redirect Printf to UARTにチェックを入れる。

というか、何もマニュアルに目を通さずに、このチェックは何だろなとやってみたというのが真相。
するとuart1.cに以下の部分が追加される。

どう見ても渡した文字列を1文字ずつ送信してくれるように見える。
sprintfを使うのでstdio.hを追加して、

こんな風に呼んでみた。
handleは良く分からないので0にしておいた。

出来上がり。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: PIC32MX120F032B


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.