Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

MPLAB XC8 Compiler v2.00 と MPLAB Code Configurator v3.65 で割り込み処理にコンパイルエラー

正確には、MPLAB XC8 Compiler v2.00 で MPLAB Code Configurator v3.65 の吐いた割り込み処理のコードがコンパイル・エラーになる。

以下で検索してみる。

こういうコードを

こう直したらクリアできたよ。

という書き込みと、
C99をC90にしたらいいよ。

という書き込みを見つけ、そのどちらでも問題なくコンパイルできた。
User Manual には以下のような記述がある。

要するに、IDEの初期設定ではC99でコンパイルするようになっているのに、MCCの吐くコードはC90に準拠しているということのようだ。
手動でC99に寄せるか、プロジェクトの設定でC90に変更するかのどちらかということになる。
そのうちMCCがC99に対応することになるんだろう。

PIC32ばかり使っていて、XC8を使ってなかったので遭遇しなかったが、いろいろ面倒ではある。
1999年なのでC99なのだそうだが、今2018年じゃんね。
またC18とかになって、何も知らない私のような素人が右往左往することになるんだろうか。
まあ、検索すればすぐ解決策は見つかるので、そうなったら考えりゃいいか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: Code Configurator


One comment

  • 貴重な内容を残していただき、ありがとうございました。同じコードでXC Ver.2.0になってコンパイルできなかったのですが、記述が変わっていたんですね。大変参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.