Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

TEVO Tarantula ヒート・ベッド部分の偏心ナットを締め直した。

ヒート・ベッド(Heated Bed)がガタつくようになった。
特に何も触っていないので、偏心ナットって減ったりするのかなと思い、現状を確認もせずにパーツを探そうとした。
偏心ナット自体は Eccentric nut で探せばいくらでも出てくるし、TEVO Tarantula もつけて検索したら、3Dプリンター用のデータまで存在した。

サイズとか不明なので、上の3Dデータで見てもいいけどとりあえず現物を見ておこうと考えた。
ヒート・ベッドを外して、レールに乗った十文字のアクリル板の状態にして、レンチで片方の偏心ナットを45度くらい回してみた。
すると、回した方の奥側のガタつきが全く無くなった。
手前の偏心ナットも適当に回してみたら、前側のガタつきも全く無くなった。
めでたしめでたし。

結論
新しい偏心ナットを購入する必要は無かった。
想像だが、使ってる間に偏心ナットが回転して偏心の位置がずれてガタつくようになった、としか思えない。
レール上に乗ってる部分には全て偏心ナットが使ってあるはずだが、不思議なことに、ガタつくようになったのはヒート・ベッドの偏心ナットだけだ。

これからは定期的にチェックすることにする。

せっかくヒート・ベッドを外したのに、他のナットを締め直すのを忘れた。
偏心ナットの件に関係ありそうなのに、気付くのがベッドの高さ調整を済ませた後とか、手順がなってない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: 修理・メンテナンス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.