Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

ESP32 – SerialToSerialBT –

ESP32のサンプル・スケッチのSerialToSerialBTを動かしてみる。
PCのBluetooth機器と同様にペアリングする。
名前はスケッチに書いてある「ESP32test」となる。
Arduino IDEのシリアル・モニタに下のように表示されてペアリング待ちとなる。

そこそこ時間がかかってペアリングされる。

すると、シリアル・ポートにCOM7とCOM8が追加される。

COM4はBluetoothドングルで、COM6はESP32モジュール上のシリアル変換ICのポートだ。
COM8にはつながらないが、COM7にTeraTermがつながった。
TeraTermで「aaaaabbbbbccccc」と文字を入力し、シリアルモニタからは「hhhhh」「kkkkk」と入力すると下のようになる。

スケッチを以下のように変更し、USBから外して5Vの電源だけにつないでみた。

ちゃんとPC上のTeraTermに1秒おきに「Hello, World!」が送信されてくる。

つまり、ESP32–>Bluetooth–>serial COM–>TeraTermという無線通信ができたということ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: Arduino系


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.