Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

PC用の排気ダクト

陽気も暖かくなってきたので、そろそろPCからの熱を室外へ排出するための装置を組み立てる。
ざっと見てみた限りでは特に記事にしてなかったようなので書く。
毎年暑くなったら取り付けて涼しくなったら取り外す。
形状や方式に紆余曲折はあるが、だいぶ前からやっている年中行事のようなものだ。

現状で3台稼働しているPCは、1台ずつケースに入っているのでなく、むき出しのまま1つのメタルラックの中に納めてある。
このメタルラックの上面と側面に100均で買った透明なビニールのテーブル・クロスを張ってある。
冬場は前面を開けてあるが、暑くなってきたらそれもふさいでしまう。
そして、メタルラックの内部に下のようなサーキュレータを吊るす。

このサーキュレータの足の部分は取り外してあり、送風部には3Dプリンターで作ったダクトが直接取り付けてある。
メタルラックの前面の透明なビニールにはダクトが出るだけのサイズの丸い穴があけてあり、そこからビニール製の筒で室外へ排気する。
下の写真は、ビニールで覆ったメタルラックからダクトが出ている状態を撮ったものだ。

3Dプリンターで下のようなパーツを作ってホットボンドで接着して組み立てた。
写真に写っている部分ではA-B-Aの3つのパーツから出来ている。

ビニールシートで作った筒をこれに被せたが、若干きつめに仕上がったので接着せずに使っている。
サーキュレータの前面には下のパーツがネジ留めしてあってメタルラック内に吊るしてある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: 作った物, 自作・改造


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.