Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

Orange Pi PC 2にArmbianをインストールする(2021年8月版)。

OPi PC2の現状のシステムがいつ仕込んだものなのか記録がはっきり残ってない。
残したけどどこかへしまい込んでわからないのか、そもそも残してないのか、それすら不明だ。
フォルダとかのタイム・スタンプを見ると2017年のころにインストールしたようだ。

いずれにしても、関連記事が散在していて全然追えない。
今回は全部この記事内に書くかここからリンクを張ることにする。
Armbianのイメージを書き込んでから今運用中の状態にするまでの過程を全部書く。

ArmbianをmicroSDに書き込んで起動して初期設定まで

とりあえず「ArmbianをSDカードに書き込むんだったな。」くらいは覚えている。
Armbianで検索してOrange Pi PC 2用のイメージを探すとここにある。
https://www.armbian.com/orange-pi-pc2/
Armbian FocalとArmbian Busterというのがあるのだが、調べたら
 Debian : Stretch, Buster, Bullseye
 Ubuntu : Bionic, Focal
なのだそうだ。
PCで使ってるのがUbuntuでDebianってのは使ったことがないので、とりあえずFocalをもらってくればいいだろう。
Win32 Disk Imagerで現状のSDカードの内容をイメージにバックアップする。
もらってきたイメージを書き込んで起動する。
USBシリアル変換モジュール経由で(※)PCと接続してTera Termでモニターする。

自動的にログインして(1)、rootの新しいパスワードを入力する(2)と下のようにbashかzshか尋ねられる(3)

よくわからない。
調べたら最近登場したのがzshらしいので、よくわからないままbashを選んでおいた(4)
常用のアカウント用の名前(5)やパスワードを入力する(6)
実名は空欄にしてENTERを押し(7)、タイム・ゾーン(8)は自動で設定されて、言語は[y]で自動的に設定される(9)

sudo armbian-config
を実行してIPアドレスを固定する。



Netmaskは255.255.255.0 = 24、GatewayとDNSはルーターのアドレスにする。

このまま続けてもいいが、いったん
sudo shutdown -h now
でシャットダウンしてLANからSSHでの接続に切り替える。

ちなみにベースとなっているUbuntuのバージョンの調べ方。
 cat /etc/os-release
  実行してみたら 20.04.2 LTS (Focal Fossa) となっていた。

Backup of 202106231310.img
apache2 のインストール

sudo apt-get install apache2
 エラーが出て止まり、apt-get updateを実行するようにとメッセージ。
sudo apt-get update
sudo apt-get install apache2
 エラー無く終了。
/var/wwwへ移動して/var/www/html以下の所有権を変更する。
 sudo chown -R user:group html

Backup of 202106231402.img
php 7.4 のインストール

参考(https://computingforgeeks.com/how-to-install-php-on-ubuntu/)
システムのアップデート
 sudo apt update
アップグレードと再起動
 sudo apt upgrade -y && sudo reboot
phpのインストール
 sudo apt install php php-cli php-fpm php-json php-common php-mysql php-zip php-gd php-mbstring php-curl php-xml php-pear php-bcmath

Backup of 202106231440.img
USB接続のHDD関連の設定

参考記事(Orange Pi に3.5inch HDDをUSB接続してみる。)
マウント先を用意する(仮にhogehdd)
 sudo mkdir /mnt/hogehdd
マウントする
 sudo mount /dev/sda1 /mnt/hogehdd
所有権を得る
 sudo chown user:qroup /mnt/hogehdd

Backup of 202106231508.img
sambaをインストールする

参考記事(Orange Pi + Armbian + samba でNASを構築してみた。)
sudo apt-get install samba samba-vfs-modules
設定は上の記事の通りにした。
Windows 10からOPi PC2のUSB HDDにアクセス可能となった。

Backup of 202106231630.img
apache2のDocumentRootの変更

apache2.confを書き換える。
 探し方
  sudo find . -name “apache2.conf”
 sudo nano /etc/apache2/apache2.conf
  /var/www/
  を
  /mnt/hogehdd/www/
  に書き換えた。
所有権の変更も忘れずに行う。
アクセスできなかった。
000-default.confを書き換える。
 sudo nano /etc/apache2/sites-available/000-default.conf
  DocumentRoot /var/www/html
  を
  DocumentRoot /mnt/hogehdd/www/html
  に書き換えた。
アクセスできるようになった。
再起動
 sudo service apache2 restart

Backup of 202106241443.img
Backup of 202108232243.img
MySql(MariaDB)をインストールする

 sudo apt -y install mariadb-server mariadb-client
 sudo systemctl enable mariadb
 sudo systemctl start mariadb
 mariaDBを開始する。
  sudo mariadb
 データベース(wpdatabaseとする)を作成する。
  CREATE DATABASE wpdatabase DEFAULT CHARACTER SET utf8;
 パスワードを設定する。
  GRANT ALL ON wpdatabase.* TO root@localhost IDENTIFIED BY 'hogepass';
 FLUSH PRIVILEGES;

WordPressをインストールする

もらってきて展開して/mnt/hogehdd/www/html以下に置く。
ブラウザからWordPressにアクセスして設定する。
Orange Pi PC2 – UpdraftPlusでGoogleDriveに保存したMySQLのデータベースをインポートする –
Ubuntu上のWordPressでパーマリンクが表示されない。

(※)
 IPアドレスが不明なのでこの方法が手っ取り早いが、以下のものが必要。
  USBシリアル変換モジュール
  USBケーブル
  接続ケーブル
 逆にこれらが手持ちに無い場合はIPアドレスを特定した方が早い。
 過去に使用してルータ側でIPアドレスを割り振ってあればIPアドレスは既知のはずなので、いきなりLANでつないだ方がいい。
 あるいは、MACアドレスが既知ならルータでDHCPのリース情報を見てIPアドレスをたどれる。
戻る。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: Orange Pi


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.