Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

Home » 世情 » Archive by category "公的機関"

小澤征爾指揮のアルバムがグラミー賞受賞 – では、あらためてN響事件を語ろうかw –

グラミー賞に小澤征爾さん指揮のアルバム 初の受賞 2016年2月16日11時57分  米音楽界の祭典、第58回グラミー賞授賞式が15日(日本時間16日)に米ロサンゼルスであり、指揮者の小澤征爾さんが指揮したラベル作曲の歌

Continue reading


ヤマト運輸「メール便」を廃止

ヤマト運輸が「メール便」の廃止を決めた。 クロネコメール便、3月末で廃止 「信書」法違反を懸念 2015年1月23日01時59分 ヤマト運輸は22日、1997年からサービスを提供してきた「クロネコメール便」を、今年3月末

Continue reading


NHKは公共放送の体を成していないから無くしてもいいと思う

NHKを無くしていいと結論する理由はいろいろある。 年末が近くなると必ず始まる愚にもつかないキャンペーンが今年もそろそろ鼻につくようになってきたので、分かりやすい例として今日の9時のニュースの、ニュース内容による放送時間

Continue reading


腐った人格の無能者が肩で風を切る

「暴言キャリア官僚」 いい響きですなあ。 いかにもマスコミが飛びつきそうなネタです。 本来、官僚の腐敗について命をかけて糾弾するのがマスコミの使命ですが、コバンザメのようにニュース・ソースである体制側にすり寄って、おこぼ

Continue reading


「ぬるぬる動く」の定着はまだ先か

国語世論調査:ざっくり、きんきん…新表現が定着 文化庁 毎日新聞 2013年09月24日 19時33分(最終更新 09月25日 00時52分) 国語世論調査_ざっくり、きんきん…新表現が定着 文化庁- 毎日jp(毎日新聞

Continue reading


広報という名の騒音公害

自治体の広報がやかましい。 はっきり言って「騒音公害」だ。 どうでもいいことをがなりたてるから邪魔で仕方ない。 なぜ、聞いててイラつくのか考えてみたら、内容の陳腐さもさることながら、妙に間合いを空けてダラダラしゃべるから

Continue reading


八重の桜の番宣

EPG予約で「八重の桜」を検索すると以下のような番組がヒットする。 赤くなっている部分が番組本体であとはすべて大河ドラマにかこつけた番組宣伝か再放送だ。 過去には「NHKの番宣がヒドイ件」にも書いたし、最近では、「紅白歌

Continue reading


魂入れず

打音検査、2000年が最後 笹子だけ「手が届かず」 山梨県の中央自動車道上り線の笹子トンネル崩落事故で、中日本高速道路(名古屋市)が管理する同じ構造の三つのトンネルのうち、笹子だけは2000年を最後に本体の天井部にあるつ

Continue reading


冗長なだけの言い訳

原発は安全だと子供にうそをすり込み、被爆国の教科書から放射能の記述を削除してその脅威を隠し続け、その流れで情報を隠し続けて福島の住民を見殺しにし、最近はこの程度の言葉遊びに興じる毎日。 この人たちは、これで果たして楽しい

Continue reading


ま、そういうことです

東電値上げ:5%台まで圧縮可能 有識者試算 毎⽇新聞 2012年07⽉18⽇ 22時40分 内閣府消費者委員会の外部有識者の⽔上貴央弁護⼠ら3⼈が18⽇、消費者庁で記者会⾒し、東京電⼒が平均10.28%の値上げを申請して

Continue reading