Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

みつき 「ひとつだけ」

みつき 「ひとつだけ」が20日に発売されるらしい。
当然、「セクシーボイスアンドロボ」の主題歌なんだが、
正直言って、気になっていたのに曲名もアーティスト名も良く確認していなかった。
だいたい、ドラマのエンディングの一番良い場面で流れてくるので(当たり前だが)、
かなり印象が強いのだが、発売となって初めて、
アーティスト名の「みつき」とタイトルの「ひとつだけ」がくっきりしたって感じがする。
この曲が無かったら、ドラマのあの場面も妙に説教じみたものになってしまうだろう。
「仕方ねえなあ、素直に感動しておくか…。」
って気にさせるのは、この曲の力だ。
斜に構えて、感動することがかっこ悪いような、照れくさいような気がしても、
大後寿々花のナレーションとこの曲が流れると、
不思議に、素直な気持ちにさせられてしまう。

曲の出だしの「夜空にきらめく星の数ほどの」って聴いただけで、
もう涙が出てくる…。

以下Amazonからの引用。

「ひとつだけ」
日本テレビ系 火曜ドラマ「セクシーボイス アンド ロボ」主題歌
みつき
Birth:1991年12月14日(15歳) Blood:AB型 Birth Place:大阪府
Work:アーティスト/女優 http://wmg.jp/mitsuki/
「女優・高畑充希」としてミュージカル等で活動中。このデビューを期に「アーティスト・みつき」として本格的な音楽活動をスタートさせると同時に、女優としても映画「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ」のヒロイン役を演じるなど、今後の両面での活躍が期待される逸材です。

15歳だって!
「セクシーボイス アンド ロボ」の大後 寿々花(おおご すずか)もそれくらいの歳だ。
やばいなあ、こんだけ「澄み切った」「純真な」感じで来られると、
自分自身の「濁り」「けがれ」「いつわり」が妙にトゲトゲしくくっきり見えてきて、
トゲトゲを抜こうにも、妙に根っこが深いところにあって抜けそうにもないし、
隠そうにも隠しようがなくて…。
さっきから、この曲を聴きながら、ただ、あたふたしている。
「しょうがねえじゃん、大人なんてなあ、汚いものなんだよ。」
とでも、捨て台詞を吐いて、
「ちょっとごみが入っただけさ…。」
って定番の台詞を置いて、あとは男らしく…、

走って逃げる…。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: 芸能


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.