Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

PIC24FJ64GB002 + 8 LEDs Module

唐突に、PIC24FJ64GB002と、LEDを8個並べた手製のモジュールと、による何の変哲もないただのLチカです。
いや、調子の悪かったクローンのPICkit3の接続端子を、アルコールできれいに拭いたら調子が戻った件で、他のPICでも問題無く焼けるかなと思って。
『PICkit3に良く似た、ほとんど同じ機能を持った何か。』が若干不調?」の下の方の追記です。

Target Device ID (0x####) does not match expected Device ID (0x####).

というエラーに関しての記事がらみです。

純正のPICkit3の値段が秋月で高騰して、クローンにちゃんと頑張ってもらわんと困るので、ダメ押しで動作確認です。
20160905225923
結論を書くと、全くエラーなしに書き込み完了です。
端子類は、時々無水アルコールでキレイキレイしましょう。

以下は、せっかくブレッドボードに組んだので、もったいないから、というただのおまけ。
PIC24FJ64GB002を動かすのに必要な最低限の回路。
20160905163525
Lチカ中のPIC近辺。
RB0~RB5、RB7~RB8に抵抗とLEDを1つずつ8組つないであるだけなので、回路図はありません。
20160905171958
動画。

MPLAB Xのプロジェクト。
blink_delay_04_BitShift (5994 ダウンロード )

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: PIC24FJ64GB002


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.