Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

ミニバードのサーバー障害への対応の覚書き

ミニバードのサーバー障害について」にも書いたように、ネットオウルミニバードという安かろう悪かろうのサーバに甘んじていたせいで、1日半接続不能になり、データベースを除く3日分のデータが消失した(サーバー上では12月13日以降が消失)。

涙に暮れていても仕方ないので、勇気を出して、前を向いて歩きだそう。

1.サーバー上のデータ
  全部FTPでローカルへダウンロードする。
  念のために現状をバックアップしておく。
  Google Driveにバックアップされているファイルを書き戻す。
  これで、12月14日から1月20日までのデータは補完されるはずだ。
  見切りをつけて移転するにしても、データはローカルに置いておく必要がある。
2.データベースのバックアップ
  今回、障害は無かったようだが、最新のデータベースをバックアップしておく。
  以下の手順。






下の設定には自信がない。
赤枠の部分は意識したが、他は初期値のままだ。
赤枠で囲ったところをクリック、あるいはチェックを付けて[実行する]をクリックした。

ダウンロードが開始されてローカルに保存が完了するまで、トータルでおよそ70秒ほどかかる。
3.データベースのインポート
 ちゃんと移行できるか試しておく。
 無料お試しのあるサーバを一時的に貸りる。
 WordPressをインストールし、データベースを作成する。
 2.でエクスポートしたデータをインポートする。

 WordPressによるブログがちゃんと表示されることを確認した。

Orange Pi上でWoedPressが動いていれば、ローカルでバックアップの確認が出来る。
Orange Pi PC2 – MySQLのデータベースをインポートする –
Orange Pi PC2上のUbuntuで運用しているWordPressの設定
Orange Pi PC2 – WordPressをインストールする –
せっかくバックアップしたつもりでも、実際にインポートしてみなけりゃ確認できない訳で、それが出来るのは非常に有効だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: レンタルサーバ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.