Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

PIC32MM0064GPL028 – MCCを使ってMCCPでPWMもどきのLチカ。 –

PIC32MM0064GPL028のLチカで遊んでいる。
Timer1の割り込みでのLチカをやり、
PIC32MM0064GPL028 – MPLAB Code Configuratorを使ってTimer1の割り込みでLチカさせる。 –
MCCPのTimerモードでもLチカをやった。
PIC32MM0064GPL028 – MPLAB Code Configuratorを使ってMCCPの割り込みでLチカさせる。 –

で、MCCPの設定画面を見ていたら、Timerモード以外にもいろんなモードがあって、Compareっていうのをやってみる。

他のPICでの経験で言えば、Compareモードってのはあらかじめ設定した値とカウンターを比較して、そのたびに信号をON/OFFしたりすればPWMの出来上がりだ。
なので、PIC32MM0064GPL028でもそんなものかと思って、データシートも読まずにやってみる。
全くデタラメに下のように設定した。

Pin Managerを見るとMCCP1のところにOutput属性のピンが表示されているのですべてチェック(カギをかける)した。

Pin Moduleも確認して、Analog設定が存在するものはチェックが入ってないか確認する。

GenerateしてビルドしてPICに書き込んで信号を見てみるとこうなっている。

ちゃんとそれらしい複数のパルスが出ているのはまさにPWMじゃあないか。
適当だから何がどうだか今のところ全く分からないが…。

PIC32MM0064GPL028 関連記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: PIC32MM0064GPL028


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.