Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

Blender 2.79b スマホケースを作る。

やっぱBlenderでいいや。」に書いたスマホケース作成の実際を書く。
作ってみただけで実際にプリントアウトして使う気はないので、出てくる数字はそこそこ適当だ。
そもそも、発熱体をカバーで覆う趣味は無く、そもそも、スマホは数千円で買ったWi-Fi専用、SIM無しのお遊び用型落ちAndroid端末しか持ってない。

※59.57 x 124.83 x 7.6 mm の直方体を作る。
 Objectモードにする。
 Cubeを出す。

 キー入力で拡大する。
  SX29.875 + Enter
  SY62.415 + Enter
  SZ3.8 + Enter
 サイズ変更を適用する。
  Ctrl + A
  Scale


 なお、うちの初期設定では2 x 2 x 2 mmのCubeが出現するので
 拡大率は上の数字になっている。
 初期値が違う設定なら数字も変わる。
※角を半径12.1mmで丸める。
 Editモードにする。
 縦の4辺(7.6mm)を選択する
 Ctrl + B
 左のBevelの設定を以下のようにする。


※1.2mmの厚みを残してくりぬく。
 側面と底面を選択する(Alt + RMB など)。
 Ctrl + F
 S
 左下でThicknessの値を1.2mmにする。
 上面を削除する。


※上部に押さえの出っ張りをつける。
 内側の面にぐるりと辺を入れる。
 Ctrl + R

 Z座標を1.8mmにする。

 下のように面を選択する。
 Alt + RMB

 Ctrl + F
 S
 Thicknessの値を-1.2mmとする。

※窓を開ける。
 下のように、開けたい窓のサイズに応じた直方体を作る。

 下のような設定でBooleanで抜く。

 レンズ用の穴も抜き、適当に面取り(Ctrl + B)して完成。

ふと思ったんだが、BlenderでCADソフトっぽいことができるのは、ここの数値設定のおかげかもしれない。

間違いなく最も頻繁に、頂点を選択した後でここに数値を入力、というのを使う。

結論としては、あくまでも趣味が前提で言えば、すでにBlenderが使えてればCAD系のソフトをわざわざ覚える必要はない。
逆に、1から3Dプリンター用のデータ作成を始めるなら、Blenderは遠回りなだけだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: Blender


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.