Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

電子工作で作ったもののケースを3Dプリンターで作る。

Arduino Nano + BH1750FVI + SSD1306 with U8g2 をケースに入れてみる。」のケース作成編。

使うもの
 3Dプリンター(TEVO Tarantula)
 2D画像スキャナ(CanoScan LiDE 200)
 3Dデータ編集ソフト(Blender)
 2D画像編集ソフト(Paint Shop Pro)

1.ケースに入れるモジュールやパーツの2D画像をスキャンする。
 この時の解像度(dpi)を覚えておく。
 ここでは600dpiでスキャンした。


2.パーツごとに分けて水平補正する。
 トリミングと回転は行うが、拡大・縮小は避ける。
 保存時に横方向のピクセル数を覚えておく。

 保存時の名前にパーツ名、ピクセル数、解像度を入れておくといいと思う。

3.Blenderに取り込む。




4.サイズ合わせする。
ここでは、532 ÷ 600 × 2.54 = 2.25cm になる。
pixcel ÷ scanned dpi × 2.54 cm = size on Blender (cm)


5.これに合わせてケースを作る。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: 作った物, 電子工作その他


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.