Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

Pro Micro 5V,16MHz に3.3V,8MHzの設定で書き込むと認識されなくなる。

sparkfunのPro Micro – 5V/16MHzの話。
5V, 16MHzのボードなのに3.3V, 8MHzの設定でスケッチを書き込むと

下のように
不明な USB デバイス(デバイス記述子要求の失敗)
になってしまう。

USBシリアル変換を自前でやるので、上のようなことをやってブートローダが破壊されるとUSBで認識されなくなるのだそうだ。
ブートローダを書き込み直せば元に戻る。
ブートローダの書き込みにNanoを使う場合の結線。

 上のようにつなぐ。
 NanoにAdruinoISPを書き込む。
 書込装置をArduino as ISPにする。
 ボードをPro Micro 5V,16MHzにする。
 ブートローダーを書き込む。
配線と選ぶボードは異なるが下の記事とほとんど一緒の手順だ。
Arduino NanoでArduino NanoにBootloaderを書き込む。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: 未分類


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.