Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

VL53L0Xモジュールの電源レギュレータを外す。

VL53L0Xという測距センサーのモジュールには662Kとマーキングのあるレギュレータが載っている。
3.3Vに降圧するレギュレータだ。
電源を逆接してしまい、焼けて焦げた臭いがした。
下の写真の赤丸部分は樹脂モールドが突き破られている。

VCCに直接3.3Vをつなぐならレギュレータは不要なはずなので、データシート

と基板上の配線を確認して下のように改造した。

レギュレータを外し、3.3VのラインとVCCのラインをつないだ。

そのままESP32 DEVKIT V1上の3.3Vで動作させてみたら問題なく動いた。
焦げ臭いほど焼けたのにレギュレーターが文字通りのファイヤーウォールになってくれたようだ。

追記(2020/03/16)
逆接対策になってくれるわけだから、やっぱりレギュレータはつけといた方がいいかなと思う。
AliExpressで注文しといたレギュレータが届いたので取り付けた。
送料込み50個$0.62というものだ。


VCCに5Vかけてとりあえず数時間は問題なく動作している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: 電子工作その他


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.