Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

Virt-A-Mate – 100円で試用してみる。 –

知る人ぞ知るVirt-A-Mateを試用してみる話。

課金しても大した金額じゃないけど、万が一気に入らなかった場合を考えると出費は少ない方がいい。

どのシーン・ファイルでも以下と同様に可能かは分からない。

Installが済んだ状態からスタートする。
1.例えばここらから他人の作ったシーンを買ってくる(100円)。
 https://reple.booth.pm/items/1846487
2.ZIPを解凍すると Sound05.vac が出て来る。
 このvacファイルはただのZIPファイルなのでさらに解凍ソフトで解凍する。
 最終的に以下のものが出て来る。

3.CustomフォルダはVaMのインストール・フォルダにコピーする。

4.Sound05.jsonと4つのoggファイルはVaMをインストールしたフォルダ内の
 Saves¥scene¥MeshedVR
 の中にコピーする。

5.以下 Saves¥scene¥MeshedVR での操作になる。
 default.json の名前を default.json.org などに変更する。
 これはバックアップしておいて後で戻せるようにするため。
6.Sound05.json の名前を default.json に変更する。
 VaM起動時にはこの名前のファイルが開かれるため。
 Saves¥scene¥MeshedVR での操作はここまで。

7.VaMを起動する。
 環境によってどちらでも好きな方をダブル・クリックする。

8.課金してない前提なのでそのままReadyをクリックする。

9.以下を駆使してお姉ちゃんを好みの位置・視点に持ってくる。
 マウス・ホイールで拡大縮小(前後)
 ホイール・ボタンを押したままドラッグで位置移動(上下左右)
 右クリックのままドラッグで回転
10.青いボールや棒はマウスの左クリックでつかめる。
 お姉ちゃんに当てたりあそこへ突っ込んだりすると
 表情が変わったり声を上げたりする。
11.あきてきたら手や足もマウスの左クリックでつかめてポーズも変更できる。

ここで使ったシーンファイルの配布元へのリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: Virt-A-Mate(VaM)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.